この価格なら買いでしょ!M.フォーサーズの便利ズーム

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

どもども!ブログにかかり切りで、写真を写しに行けてない、あき99です(^^;

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZとはどんなレンズか

写真の左側に写っているこのレンズ【M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ】は、鳴り物入りで発売されたOM-Dの初代機、E-M5のキットレンズとして登場しました。キットレンズというのは、そのメーカーやブランドにユーザーを引き込む重要な役割があるので、価格や外観に反して写りの良いレンズが多いものです。ましてやこのレンズは、色々と揺れていた当時のOLYMPUSにとって、絶対に失敗できない新ブランドの船出を託す重要な役割を担っていたので、とても力を入れて開発されたレンズだと思われます。

その力の入れ具合はスペックにも表れていて、広角12㎜(35㎜換算24㎜)はじまりで、望遠端も50㎜とワイドレンジで、43㎜固定ながらマクロモードも搭載。ズーム機構も動画撮影に最適な電動ズームと手動ズームの切り替え式で、高級ズームレンズにしかなかなか採用されない、ズーム時にレンズ全長の変わらないインナーズームまで採用。そして、極めつけは当時のフラッグシップ機、E-5と同等の本格的な防塵・防滴機構とまさに全部入り!

こんなレンズ、皆がほっとかないと思いきや、見事にズッコケ発売以来ずっと不人気レンズのレッテルを貼られ続けてきました。

不人気の理由ですがネット上のレビュー等を読むと、大きさと望遠端の暗さを挙げる方が多いようです。

大きさについては、写真の様に望遠レンズである【M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R】とほぼ同じ全長なので、確かに普及タイプの標準ズームとしては長いと感じます。ただ、前述の様にこのレンズはインナーズームを採用していて、望遠端でも全長が変わらないので、その点は考慮する必要が有るでしょう。

また、望遠端の暗さについては、f6.3とOM-D E-M10のキットズーム【M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ】のf5.6に比べて暗めではあるが、これも望遠端が50㎜と8㎜長い事を考えれば致し方ないと思います。ただ、印象は良くないですよね。

肝心の価格についてですが、希望小売価格47,500円で、実売価格はずっと3万円台前半を推移していました。それが、去年の夏前に一気に下がり、1万円台前半になったのです。たぶん生産を完了して在庫処分に入ったのでしょう。それにしてもビックリ価格ですよね!私もその価格に釣られて昨年購入してしまいました(笑)

ちなみに2017年4月16日現在のAmazonでの価格は、13,167円となっております。

肝心の写りについては、文章で色々と書くよりも実際に写した作例を見てもらう方が早いと思うのでご覧になってご自身の目でご判断下さい。

また、作例として選んだ写真なので秋の写真が多いのはご容赦ください(^^;

尚すべての写真は、OLYMPUS OM-D E-M10でRAW撮影後、Adobe Lightroomでストレート現像したのち、Adobe Photoshopでリサイズしてウォーターマークを入れました。JPEG圧縮率は10(最高12)です。

桜木町駅前

桜木町駅前

12mm  f3.5  1/2500  ISO200

ビルの天井

ビルの天井

12mm  f3.5  1/125  ISO200

銀杏の落葉をローアングルで

銀杏の落葉をローアングルで

 15mm  f4  1/2000  ISO200

パシフィコ横浜前の道

パシフィコ横浜前の道

25mm  f5.1  1/800  ISO200

黄葉する樹木と青空

黄葉する樹木と青空

25mm  f6.3  1/800  ISO200

銀杏の落葉が降り積もる秋の公園

銀杏の落葉が降り積もる秋の公園

 28mm  f7.1  1/160  ISO200

CP+2017のコンパニオンさん

CP+2017のコンパニオンさん

40mm  f5.8  1/80  ISO320

植え込みの新芽をクローズアップ

植え込みの新芽をクローズアップ

43mm(マクロモード)  f6  1/160  ISO200

キジトラの野良猫をアップで

キジトラの野良猫をアップで

50mm  f6.3  1/160  ISO200

如何でしょうか?

もちろん、目を瞠るような高画質とは言えませんが、ほとんどの場面で実用上不満になるような画質ではないと個人的には思います。ましてや、今なら1万円台前半で買えるレンズですからね。

このレンズとお気に入りの単焦点レンズを携えて、スナップ撮影に行けば、軽い機材にフットワークも軽くなり、とっても楽しい撮影になりますよ!

在庫切れ間近かも!この機会に一本いかがですか?

純正のレンズフードは高いので、 私はNIKONのこのフードを使っています。レンズフードは、出来れば付属にしてほしいな。

ではでは!

スポンサーリンク
ad_pc

シェアする

フォローする